東京が一番寒かった日

懸賞 2013年 01月 13日 懸賞

1876年(明治9年)、東京で氷点下9度2分を記録した日だそうです。

そんなに寒い日があったのですね。

それに比べたらやはり地球温暖化が進んでいるように感じますね。


3連休の2日目となりましたが、特段どこへ出かけるでもなく、撮りためしておいたTV番組を見たりしていました。

その中で、「もし使い捨てカイロが1個しか持っていなかったらどこに貼る?」という質問がありました。

う~ん、腰あたりかなぁ~とTVに向かって答えてました。

街頭インタビューの回答の中でやはり腰に貼るというのが一番多かったんです。

では腰・背中・首・脇・お腹・足の裏で一番全身が温まったのはどこ?という実験をしていました。

結果、「お腹」と「足の裏」が全身が温まっていました。
何故かというと静脈が密集しているところで、温まった血液が全身に巡るからなんだそうです。

あと、かかとをつけず足踏みをするようにすると全身が温まるそうです。

一番面白かったのが、じっとしていて温まる方法。
それは南国など暖かいところをイメージ出来る曲を聴くことだそうです。
実験ではチューブの「あ~、夏休み」を聴くとみんな体温が上がっていました。

副交感神経が関係してくるんだそうです。

石川さゆりさんの津軽海峡冬景色を聴けば体温は下がるのかという実験で、4人中1人だけ体温が上がった人がいました。
カラオケでは十八番で大好きな曲だそうで、自分が楽しく気持ちよく歌っている姿を思い浮かべて聴いていたそうです。

明日は成人式ですが、東京でも雨か雪が降るかもしれないという予報のようで、今日とは打って変わってのお天気になるそうです。

寒さ対策で、お腹か足の裏に使い捨てカイロを貼って(※直貼りは火傷をする場合があるので、肌着の上から貼るのが良いそうです。)、かかとをつけず足踏みするようにして、チューブの「あ~、夏休み」を聴けば温かく感じる事間違いなしですね(^_-)-☆
[PR]

by rosa55 | 2013-01-13 22:36

<< 雪化粧 懸賞 最悪のお店(-_-)/~~~ピ... >>