メイズ オブ オナー

懸賞 2009年 05月 15日 懸賞

朝ズバッで紹介していたお話。

英国では100歳を超えた国民にエリザベス女王から直々に誕生日カードが送られるそうです。
109歳を迎えたあるお方は毎年このカードを楽しみに待っていたそうです。

しかしその時の気分はいつもの年とは違ったそうです。
そのカードにはエリザベス女王のお写真が貼られておりますが、毎年同じものだったそうなんです。

直々に英国皇室に手紙でカクカクシカジカと苦言を書いたそうです。





暫くしてから皇室関係者から連絡が入り「皇室の使いのもの」を送りますと。

5分もしないうちに訪ねてきたのは




ウィリアム王子だったそうです。



良いなぁ~、皇室の方とお目にかかれることなんぞ、何か功績を残された方でないとなかなか出来ない事なのにね。



英国つながりで
d0135762_232084.jpg

これは英国の伝統のお菓子Maids of Honourだそうです。
メイズ オブ オナーはヘンリー8世とアン・ブーリン王妃が特に好んだお菓子で宮廷内でしか味わえず、特に侍女が好んでこの名前がついたそうです。花嫁の付き添いという意味もあるそうです。

このお菓子は知人から銀座のリプトンさまで味わえると教えてもらいました。

500年前の伝統菓子の変わらぬ味をいただけて満足です。
[PR]

by rosa55 | 2009-05-15 23:36 | おいしいもの♪

<< 生活 懸賞 初夏のような街角♪ >>