人気ブログランキング |

ビッ栗!?

懸賞 2010年 11月 06日 懸賞

d0135762_2149894.jpg

ペプシさまの新製品。
ブロ友のじゃがまにさんのブログで知り、飲んでみました。
ほんといつも感心しますが、良く再現されてますね。
まるでモンブランを飲んでいるかのように感じました。




さて、話は変わり...

今日TVでお金の諺や格言について科学的に検証していた番組がありました。
それは大きく分けて3つ...

Ⅰ.地獄の沙汰も金次第
Ⅱ.金に目がくらむ
Ⅲ.悪銭身につかず

まずⅠ.では街頭を歩いていた人に「世界一辛いハバネロをかじってください」とお願いします。
だいたいの方は断ってました。
しかし、「かじってくれたら100円をあげる」というと、辛いのが苦手だと言っていた方はかじりました。

結果、報酬が得られるなると脳内にドーパミンが出てやる気を起こさすんだそうです。

次にⅡ.ではお箸で大豆をつまみ別の容器に入れる作業をしてもらいます。
だいたいの方は4分以内位で移せました。
その後、ジェラルミンを持った男性が現れ、ケースの中を見せます。そこには1億円が入っていました。
そして1億円が入ったケースが開かれたまま、同じ作業を行ってもらいました。
するとどうでしょう。通常だと2回目なので慣れてきてタイムが縮まるのかとおもいきや、ブルブルと手が震えて先程のタイムよりオーバーしてしまう方が続出。

結果、ドーパミンが出過ぎてしまい作業に集中できなくなってしまったそうです。

最後にⅢ.では道路の清掃を行ってもらいました。
A班とB班に分かれてもらい、それぞれ3時間道路の清掃を行いました。
その報酬としてA班にはそれぞれ5千円の入った封筒を手渡しし、B班にはそれぞれ2千5百円の入った封筒を手渡ししました。しかしB班には雨の中良くやってくれたのでという理由でボーナスとして2千5百円の入った封筒を次いで渡しました。
そう、トータルは両班とも5千円です。

ここからが本当の実験。
その後お昼時間となり、それぞれお昼代にいくらかけるかを見ました。
A班の人達はだいたい平均していつも通りの千円以内のお昼代となり、B班の人達はちょっと奮発していつもより高めのお昼代とかデザートをつけちゃおうという方が続出。結果B班の方が平均すると高めのお昼代となりました。


辛抱する木に金がなる(辛抱強くこつこつ励めば、いつか成功し、財産も持てるようになるというたとえ)ようになりたいものですね♪

by rosa55 | 2010-11-06 22:27

<< 飛行機に乗る前に... 懸賞 あれ? >>